TOWARD THE LOGISTICS

山村ロジスティクスが考える
次世代の物流ロジスティクス4.0とは?

ロジスティクスとは?

モノを作って消費者の元へ届けるまでの物流管理のことを言います。「物流」=「ロジスティクス」と思われがちですが、少し違います。物流は”輸送・保管・荷役・包装・システム・流通加工”の一連の流れのことで、ロジスティクスは大きな意味で経営管理のことを指します。全てをまとめて管理することで無駄なく物流全体を最適化します。そしてコストを可視化し、作業効率のアップを図ることが可能となります。

circle
LOGISTICS 1.0
(20世紀〜)
第1の革新
輸送の機械化

鉄道網の整備
トラック・鉄道による陸上輸送の強化
汽船・機船による海上輸送の拡大

arrow
circle
LOGISTICS 2.0
(1960年代〜)
第2の革新
荷役の自動化

WMSやTMSによる
物流管理のシステム化
NACCSの導入による通関や
各種手続き処理の電子化

arrow
circle
LOGISTICS 3.0
(1980年代〜)
第3の革新
物流管理の
システム化

倉庫ロボットや自動運転等の
普及による省人化
サプライチェーン全体で
物流機能が繋がることでの標準化

LOGISTICS 4.0
第4の革新
IoTの進化による省人化・標準化

ロボットや自動運転の普及による省人化
ドローン輸送の実現

山村ロジスティクスが考えるロジスティクス4.0とは?

2020 RECRUIT 物流革命 のその先へ ハードな業務だけ の時代は終わった

Scroll Up